このブログを読んでいる方はご存じの方が多いと思いますが、

長崎たんぽぽではヤングハートカフェという名前、

略してYHCを毎月第三日曜日に行っています。

 

このYHCなるものはいったい何なのか

名前は聞いた事があってもないようについてきちんと把握されていない方が

多いのではないのでしょうか。

 

 

 

YHCは今年3月から始まったボランティアの事を言います。

 

精神疾患を抱えたかた、引きこもり、ちょっと最近気持ち的に落ち込んでしまっている方

そんな人たちが集まってまったりゆったりお話をするための場です。

 

 

会を始めて本当に多くのかたと知り合うことができました。

宗教やマルチなどの勧誘トラブルもなく安全に運営出来ているこの

素晴らしい環境に感謝しています。

 

 

この会の運営をしている私自身、割と重めの精神疾患を抱えています。

適応障害という病気です。

 

名前くらいは耳にされるのではないかと思います。

 

僕の症状としては前身の震えや、脱力感、

最近は言葉がしゃべれなくなったりします。

 

病気になってしまった本人としてはかなりつらいもので、

言葉が出ない、喋れないとなった瞬間はあまりの無力さに

涙が止まりませんでした。

 

前述した他の症状で震えがあると書きましたが、

正確には激しい痙攣のような症状が現れるのです。

 

もちろん発作がでるのはベッドや布団の上だけではありません。

突然現れる発作で暴れまわる私の回りには椅子やテーブル、

壁や柱なと様々な障害物があります。

 

それらにガンガンと身体をぶつけるもんだから痛いのなんのって。。。

 

でもですね、最近は「助けて」すら言えなくなってきたんです。

 

音を発する事すらできないから、暴れまわる物音に誰かが気付くまで

僕は発作に耐えるしたありません。

 

 

 

正直言ってかなりきついです。

 

 

はたから見たらヤバイ人。危ない人に映る事でしょう。

 

でも僕と同じように、もしくは違う形で病気と闘っている人がいます。

 

 

僕自身闘病している身です。

 

YHCの利用者さんが体調を崩し、仮に世間一般でいう

奇行に走っても驚きはしません。

 

それは他の参加者の方もそうでしょう。

 

 

YHCは病気である事が当たり前の環境なのです。

 

「最近調子が悪くてさー。」

 

「あーわかるー。季節の変わり目だからとかかなぁ?」

 

「かもしれないねー。」

 

 

など普段はさけたくなるような病気の話題をフラットにお話できる場です。

 

 

開催している僕ですが、このYHCでは僕自身遊びにきてくれる皆さんに

沢山のエネルギーをもらっています。

 

 

次回のYHCは1月19日 ゆみカフェさんで14時からです。

 

皆さんの笑顔を、エネルギーをまた分けてください!

僕も精一杯来てくれたみなさんにエネルギーを届けたいと思います!