ほんと随分と寒くなりましたね!

 

お世話になっております!たんぽぽ岩永です。

 

 

今日は一日遅れの更新になります。

 

さて、今日のブログのテーマが「生活支援とソーシャルワーク」

と結構内容的にボリューミーなので、早々に本題の方に入りたいと思います。

 

 

社会の流れが地域包括ケアに移行し始めてどれくらいの時間がたったでしょうか、

人々は住み慣れた地域、つまるところの地元でその一生涯を幸せに過ごしていけるようになってきています。

医療福祉のさまざまなサービスが地域単位で充実し、

また様々な地域ごとに独自の発展を遂げ、サービスの質を向上させています。

 

長崎たんぽぽの担う生活支援の分野に関しても同様の事が言えます。

生活支援サービスを自治会単位でボランティアとして行っているところもあります。

これは生活支援という分野が地域包括ケアシステムの構築には必要であるという事の現れではないでしょうか。

 

 

しかしながらこの生活支援の分野に関しては他の医療・介護分野とは大きく違う点があります。

専門性の有無です。

 

生活支援に関しては先ほども述べたように、ボランティアでの介入や町の何でも屋さん、はたまた

ヘルパーステーションなどが行う有償生活支援サービスなどに頼っているような上京にあります。

 

介護分野である、ヘルパーステーションなどが行う生活支援サービスに関しては

医療・介護との連携が取れており、利用者の抱える内在的なニーズの把握と対処を行っていく事は

可能ですが、その他に関しては違います。

 

人の善意であったり、経済活動の一環として生活支援を行っているので

ソーシャルワーク的な視点に関して大きな差が生まれます。

 

 

例えば一件のゴミ屋敷があるとします。

道にもゴミが溢れかえり、においもする。

 

これは地域住民にとっては一大事です。

早期の対応が求められる事でしょう。

 

ここに地域の自治会などからの依頼で何でも屋さんなどが介入したとします。

おそらくこれでゴミ問題は可決するでしょう。

 

一時的には。

 

ゴミをためてしまう。捨てられないという状況が発生するには、

利用者にそれなりの理由があります。

 

その内在するニーズに対してアプローチをしない限りは

ゴミ屋敷再発生の可能性は断たれません。

 

ここでソーシャルワークの視点が必要となるのです。

 

何でも屋さんが利用者と良好な関係を築き、

他の医療・福祉機関と連携を取りつつアプローチする事で

より細かなニーズ把握とそれに対応する策を講じる事ができます。

 

 

長崎たんぽぽはそのソーシャルワークの視点を大切にしています。

医療・福祉の多機関と連携を取りながら、地域の暮らしの質の向上に努めています。

 

 

 

朝のテンションでこんな論文チックなものを書くもんじゃありませんね(笑)

最後の締めのあたりで燃え尽きてしまいました(笑)

 

今度こんなの書く時は事前に下書きでも書こうかな。